最新ニュース

毎日新聞コラムに掲載されました!「嵐を呼ぶバンド」

2019年5月15日の毎日新聞西部版(山口九州沖縄)夕刊のコラム「憂楽帳」に、「嵐を呼ぶバンド」として取り上げられました!記事を書いてくださったのは上村里花記者。ありがとうございます。ほんとうに最初から最後まですてきな、うれしい文章です。ありがとうございます!宜しければ皆さんぜひお読みください。

結成20年記念CD”TRIO LOS FANDANGOS Selección 2002-2018″

結成20年記念CD”TRIO LOS FANDANGOS Selección 2002-2018″、いよいよタンゴの節句2019宮崎公演(4/26)発売開始します。これまで発表した6枚のCDから厳選された25曲が発表年順にずらりと並び、最後に未発表新録音「リベルタンゴ」(アストル・ピアソラ)がボーナストラックで収録されています。すでに発表された曲たちもあらたにリマスターされ、音質も向上しています。またすでに品切れになっている「1」「3」「5」からも計13曲を収録。ジャケットはてくにこデザイン作、ダイナミックでカラフルで、すばらしい!ぜひお買い求めください!3300円です。

収録曲は以下。(原題・邦題・作曲者・収録CD、発表年)

1 Quejas de bandoneón バンドネオンの嘆き Juan de Dios Filiberto  1(2002)
2 La cumparsita ラ・クンパルシータ Matos Rodríguez  1(2002)
3 Verano porteño ブエノスアイレスの夏 Astor Piazzolla  1(2002)
4 Canaro en París パリのカナロ Juan Caldarella / Alejandro Scarpino  2(2003)
5 La Puñalada ラ・プニャラーダ(刃物さわぎ) Pintín Castellanos  2(2003)
6 El huracán エル・ウラカン(颱風) Osvaldo Donato / Edgardo Donato  2(2003)
7 Don Juan ドン・ファン Ernesto Ponzio  3(2006)
8 Payadora パジャドーラ(吟遊詩人) Julián Plaza  3(2006)
9 Mala junta マーラ・フンタ(悪い仲間) Julio De Caro / Pedro Laurenz  3(2006)
10 Una noche de garufa 酒宴の一夜 Eduardo Arolas  3(2006)
11 La viruta ラ・ビルータ(かんなくず) Vicente Greco  3(2006)
12 Gallo ciego ガジョ・シエゴ Agustín Bardi  4(2010)
13 Por una cabeza ポル・ウナ・カベサ(首の差で) Carlos Gardel  4(2010)
14 Desde el alma 心の底から Rosita Melo  4(2010)
15 Milongueando en el 40 40年代のミロンガ Armando Pontier  4(2010)
16 Saludos 挨拶 Domingo Federico / Francisco Federico  5(2014)
17 Bien porteña ビエン・ポルテーニャ Enrique Alessio  5(2014)
18 Café Domínguez カフェ・ドミンゲス Ángel D’Agostino  5(2014)
19 Buscándote 君を探して Lalo Scalise  5(2014)
20 Vibraciones del alma 心のときめき Francisco Canaro  5(2014)
21 Derecho viejo デレーチョ・ビエホ Eduardo Arolas  5(2014)
22 Dichas que viví 過ぎ去りし幸せ José Lupi  6(2016)
23 Vida mía ビダ・ミア(我が命の君) Osvaldo Fresedo  6(2016)
24 Paciencia パシエンシア(忍耐) Juan D’Arienzo  6(2016)
25 El día que me quieras 想いの届く日 Carlos Gardel  6(2016)
26 Libertango リベルタンゴ Astor Piazzolla Bonus track  未発表新録音(2018)


タンゴの節句2019に特別ゲストダンサー参加決定!

5/5、タンゴの節句2019千秋楽にスペシャルゲストダンサー参加決定!

Joel Tempestti & Agueda Mansilla
ジョエル・テンペスティ & アゲダ・マンシージャ
(アルゼンチン)

ダンサー、振付師として15年以上のキャリアを持ち、メンドーサ議会の上院から文化的貢献を認められているアゲダ。タンゴとアルゼンチン民族舞踊のダンサー、講師、国立舞踊団のメンバーとして活躍するジョエル。
2008年からペアを組み活動をスタート。2016年には、タンゴの普及とプロダンサー養成活動に貢献していくことを目的に文化省が主催する “Seleccionado Federal de Tango Danza” (アルゼンチン24州から代表ペアとして各州1組が選出される) のメンドーサ代表に選ばれ、1年間メンバーとして活動する。
タンゴとアルゼンチン民族舞踊の普及を目的にタンゴ世界大会など国内の数々のフェスティバルやイベントに参加する傍ら、2013年リオデジャネイロで開催された World Travel Market y la ExpoviniやチリのVALPARATANGO 2016など海外のフェスティバルにも招かれ公演している。

〈以上、ティエンポHPより転載〉