Archive: 2022

5/4ミニタンゴの節句・満席御礼!

5/4に開催するミニタンゴの節句は予定席数満席に達しましたので予約受付を終了いたしました。ありがとうございました。ご予約くださった皆さんどうぞお楽しみに!翌日5/5の旦過市場大學堂でのライブは予定通り2時と4時からそれぞれ1時間ほどやります。どうぞ旦過市場に皆さんおいでください!

中田リリアナさやかさん 番外編(2022/4/15)

番外

「おっ?反抗期か?反抗期か!そうか、そうでもええ。ええがな、呼ばれたら返事せええええ!」

バイオリン奏者は素敵なダイナマイト妻との間に5人のラブリーな子供がいる。
孫もいる。

南小倉パプテスト教会で日々ひなたの道を探している。

「ちゃーちゃっちゃちゃー
ちゃっちやっちゃー
ちゃんちゃんちゃんちゃんちゃー」
と眠るピアノ奏者の耳元でイントロを歌うと
ガバ!と跳ね起き 
「うーっわさをしんじちゃいっけないっよう」

完璧なアクションで熱唱する。

ピアノ奏者はケイトミュージックという夢の小箱のような場所で微笑む。

なぜ音楽はかくも素敵なのか

コーヒーとぶどうパンのおいしさ

あの場所に今すぐ行きたい。

新ページ What friends say about the band スタート! 

What friends say about the band、つまり「友人たちがこのバンドについて言うことにゃ」のページが始まりました。これから次々に色んな友人たちがトリオ・ロス・ファンダンゴスについて好き勝手に語ります。どうぞお楽しみに!記念すべき第一弾はダンサー・ケンジ&リリアナのリリアナ師匠!なんと一気にどどーんと長編三部作!だってもう20年以上のお付き合いですから。どうぞお読みください!

中田リリアナさやかさん 3(2022/4/14) 

「はじまったねえ」

楽屋の隅、床に置いた座布団に寝かされている女の子が、リハーサルの音出しが聞こえてきたその時、ふっと目を開けてつぶやいた。
熱にうかされた赤い顔が、ホーっと笑った。

お父さんは音響技師、お母さんはアコーディオン奏者。タンゴの節句の時期はキーーーっとなる忙しさ。
女の子と男の子は両親の非常事態に影響されて、トンっと高熱を発する。

会場設営前、リハーサル前、両親は代るがわる子供を病院に運び、ライブ会場楽屋に寝かせる。
寂しがるときはお父さんが二人を前後に抱っこおんぶして、会場設営をし、音響チェックをする。
音響お父さんの兄弟従兄弟がふたりを見守り手助けをしてくれる。

「お父さんとお母さんはこれからお仕事です」

子どもたちの目線に合わせて腰をおろし、お母さんは二人の子供に宣言する。

バーンと演奏を終え、お客様に挨拶をし物販をしサインをし一緒に写真を撮り、ようよう楽屋に帰ってくる。

「おつかれさまー!」
晴々とした笑顔のお母さんの声に、女の子と男の子はお母さんに駆け寄り、ようやく抱きつくのだ。

毎年そんな光景を見てきた。
毎年胸がいっぱいになった。
ふたりとももう両親の背丈を超えるくらいに成長し、素敵な10代だ。

まぶしい
うれしい